3月 242011
 

太陽光パネルに雪が積もり、太陽光を隠してしまった場合、まるで発電しなくなってしまいます。

もともと全日本のような温潤な一帯は太陽光発電には向いていないとも言われていますし、さらに積雪の多い一帯はそれだけで冬場の発電量がグッと下がってしまいますので、他の問題を置いても積雪地方というだけで太陽光発電方式を設置するには不利とも言えます。

ちなみにメンテナンスなどは、調子が悪くなったなどの事由が無い限り大半使命はありません。

屋根の補強などは状況によっては使命となってきますので、事業家の方に見ていただいた生涯にわかります。

メーカーの選び方などは、メーカーのホームページでお宅の状況を踏まえて、年間どの位の発電量が期待出来るかなどのシミュレーションが出来ますので、しっかりシミュレーションをして数社から見積りを頂くと良いでしょう。

一帯によって、向き不向きはありますが、確実に調達出来ないと言うことはありませんので、しっかりと算段をし、設置する利益があるのか考えて見るといいでしょう。

豆周知のとして、電力企業が停電してしまった場合は、太陽光発電も停電感知で止まってしまいますが、手動で切り替えれば太陽光発電のコンセントから電力の援助が出来ます。

もちろん太陽光発電が稼働していることが使命ですし、容量以上の発電は出来ません。

 Posted by at 5:19 PM

太陽光発電導入のキッカケ

 太陽光発電  コメントは受け付けていません。
3月 232011
 

日本人とは、世界的にも裕福な部類に入りますので、非常に新しい物好きな面があります。

そして、便利を求める一方で地球環境の事を考えるといった矛盾した面も持ち合わせているのです。

現在、地球温暖化防止の目線から、太陽光発電が普及していますが、太陽光発電を導入した家庭の中では、目新しいからといった理由で導入する家庭も少なくありません。

東芝は2010年4月から太陽光発電システムを販売し、2011年9月には当時世界で最高出力の240Wのモジュールの開発に成功しました。
東芝太陽光発電のあゆみ|太陽光発電最安値発掘隊 東芝情報館

しかし、切っ掛けがどうであれ、結果的に地球環境によい事をしているのですから、それで構わないと思います。

太陽光発電システムは安価な商品ではありませんし、費用対効果に優れているわけではないので、購入者側のメリットが多い商品ではありません。

ですが、地球環境の事を考えるのであれば、普及すればするほどに効果も出てきますので、大きな目で見れば、自分達の暮らしいる地球の寿命を延ばしているのと変わらないのです。

稀に、「太陽光発電システムの様な高額な買い物をする奴は偽善者だ」などと、過激な発言をする方もいますが、偽善でも地球環境に良い行動をとっているので、文句だけを垂れ流す輩よりは数段立派だと思います。

 Posted by at 5:19 PM

太陽光発電の売電価格構造

 太陽光発電  コメントは受け付けていません。
12月 292010
 

余った電気を売る事のできる売電の相場が今までの倍の48円に上がりました。

その時点で約束した方は、その負担金が10年間保証されます。

しかし来年の平成22年からは、45円になるとも言われていますし、少しずつ下がっていくとも言われています。

現在は国からの太陽光発電補助金制度も復活し、申請すれば太陽光発電構造を建設するさいに、1kwあたり7万円ほどの援助金がでるともいわれていますし、少しずつ下がっていくとも言われていますし、少しずつ下がっていくとも言われています。

ですから購入するのに絶好なタイミングと言いましたが、焦って妙な業者にあわないように、しっかり吟味する事も大事と言えるかもしれません。

そして冒頭の話に戻りますが、各製造業の相場をホームページで比べ合わせるとしたところ、機器や、仕事費などを含み320万円が相場と判断しました。

その結末、最適の相場よりも安価で設ける事ができましたし、仕事も安心して任せる事ができましたし、さらに補助金の申請なども代理でやってもらえたので大変助かりました。

方今が購入するのに絶好なタイミングは方今と考えても良いかもしれません。

 Posted by at 5:17 PM

住宅向けの太陽光発電

 太陽光発電  コメントは受け付けていません。
9月 112010
 

太陽光発電は、1992年に日本の個人住宅抜けに設備が導入され、国や地方自治体などの助成、電力会社の自主的な支援によって、逆潮流ありの設備が普及しています。

2006年までの累計導入量は、1.7ギガワットでして、太陽光発電導入状況は、国内出荷量の9割近くが住宅向けとなっており、住宅向けが中心となっていますが、最近では集合住宅と言われるマンションなどにも、試験的に導入されてきています。

2005年までは新エネルギー財団による助成金の支援もあったのですが、終了した後は国内市場が縮小してきており、2008年の洞爺湖サミットで福田ビジョンにより、導入量を増加させるための目標が掲げられましたが、経産省のだした緊急提言によって、政策が乱れているように見受けられます。

福田政権による低炭素化社会や、経産省の導入費用の半減、それから太陽電池メーカーのシャープによる太陽光発電コマーシャルなど、太陽光発電と地球環境についての言葉をよく耳に擦るようになりましたが、それだけ企業や日本国をあげて、太陽光発電に力を入れているのでしょうし、普及させようとしているのだと思います。

それでは、実際に地球環境に貢献できて、電気料金の光熱費も削減可能と言われている太陽光発電は、日本国内でどのくらい普及しているのか調べてみると、思っているよりも伸び悩んでいるようで、その背景には導入コストが高いことが挙げられます。

今後3年から5年で価格も低下するとしていますので、今後に期待したいですね。

 Posted by at 5:14 PM

太陽光発電の未来

 太陽光発電  コメントは受け付けていません。
8月 092010
 

さしあたりまだ太陽光発電を設置している件数が少ないので売電することが出来ているようですが、この先普及率が進んだら、売電出来ないお宅も増えるのではないでしょうか。

太陽光発電がすすんだ後世も売電を出来るようにするには、国と電力会社で早急に、スマートグリッド情勢を構築した上で、各家庭でも現存する太陽光パネルより高度は蓄電器を設置することが必要となる気がします。

その所由としては、差しあたり和製の電力の殆どを担っている原子力発電各地は急激に発電を調節できないため、火力発電各地を増やす必要が出てきてしまいます。

そして現在は夜の電気は余っている状態なので平気ですが、後世的には余らなくなると言われているので、時間帯割引のエコキュート割引が無くなってしまう応需性も大きいです。

また現在和製では、補助金の申請をしていれば、売電価格が倍になりますがこれは各地詮小手先で先を見据えていません。

文明では和製より先に、50兆円規模のスマートグリッド情勢の構築に乗り出しました。

これでは技術があったとしても、必ず文明に負けてしまいます。

必死に現在の設置者を増やすためではなく、後世を見据えての情勢づくりに投資しなければ太陽光発電に未来は無くなってしまうとおもいます。

 Posted by at 5:14 PM