3月 242011
 

太陽光パネルに雪が積もり、太陽光を隠してしまった場合、まるで発電しなくなってしまいます。

もともと全日本のような温潤な一帯は太陽光発電には向いていないとも言われていますし、さらに積雪の多い一帯はそれだけで冬場の発電量がグッと下がってしまいますので、他の問題を置いても積雪地方というだけで太陽光発電方式を設置するには不利とも言えます。

ちなみにメンテナンスなどは、調子が悪くなったなどの事由が無い限り大半使命はありません。

屋根の補強などは状況によっては使命となってきますので、事業家の方に見ていただいた生涯にわかります。

メーカーの選び方などは、メーカーのホームページでお宅の状況を踏まえて、年間どの位の発電量が期待出来るかなどのシミュレーションが出来ますので、しっかりシミュレーションをして数社から見積りを頂くと良いでしょう。

一帯によって、向き不向きはありますが、確実に調達出来ないと言うことはありませんので、しっかりと算段をし、設置する利益があるのか考えて見るといいでしょう。

豆周知のとして、電力企業が停電してしまった場合は、太陽光発電も停電感知で止まってしまいますが、手動で切り替えれば太陽光発電のコンセントから電力の援助が出来ます。

もちろん太陽光発電が稼働していることが使命ですし、容量以上の発電は出来ません。

 Posted by at 5:19 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.